派遣会社は
「働ける人はとっとと働かせてマージンを取る」
「使えなさそうな人でも、登録させておいて、運が良ければどっかに放り込んで廃物利用」
そんな考えなんだろうなと改めて思いました。

実際に社会なんて、そんなもんかもしれません。

働く側は、嫌なことをして、その対価をもらう。

ただそれだけなのかもしれません。

理想や信念を持っていることは良いことかもしれませんが、

それを実現するには、それなりの実績と立場が必要になってくるのかなぁと思いました。

今まで夢ばかり追いかけてきた分、サラリーマンになってから、使われる立場しか経験の無い私です。

そして、この年齢になってしまって、スキルも無いくせに理想ばかり高いと、使う側も使えなくなってくるのかなと思います。


様々な仕事がありますが、介護系は軽視されていると感じます。

「最悪介護系に行けばいいや」

そう思われている方もいらっしゃると思います。

しかし、介護系も、テキパキ動けて、ルーチンワークをこなすことが第一。

その後に、コミュニケーションが来るのかな?と考えるようになりました。

精神系の仕事も、

「その方の生き方の理想の為に力を尽くす」

このような気持ちでやってきましたが、先日面接に行ったところでは、

とにかく、働いて!まわして稼ぐ。

という感覚が見えました。

ついでに、面接官の態度もあまり好ましくはなかったです。

しかし、世の中、「好ましくない人がほとんどなんだ」と考えていないと、やっていけないことも事実です。

そんな方々とのコミュニケーションもてきとーにかわしつつ、やることやってるしかないんですよね。

それが嫌なら、自分が経営者になるくらいしか選択肢が無くなってしまいます。


今更ながらですが、サラリーマンでも俳優でも福祉でも、どの業界でも同じなんだと思います。


仕事でも、また家庭でも言えることですが、
生活をしていくことは
「嫌なことと付き合っていく」
「できる限り人に迷惑をかけない」
「自分も潰れないようにする」
「割り切る」
この繰り返しなのかもしれませんね・・・

これができない方が、不平屋になったり、私のように精神的な病になっていくのかもしれません。

と、今更考えても仕方の無いことを考えてしまい、書きなぐってしまいました(^^;)


と、書きつつも、自分の考えは、しっかり持って、出せる場面はあると思いますので、

仕事でもプライベートでも、
器用に立ち回りつつ、
自分を出せる場面が到来したら、
ドカンと一発かませば良いのかなと思います(^^;)

まあ、プライベートに関しては、無理な付き合いを無くして、本当に付き合いたい人とだけ付き合っていけば良いので、プライベートでのストレスは0にしていきたいです。
(プライベートでのストレスほどバカバカしいものはないと、最近感じたものでして・・・)

仕事はストレスがあって当たり前です。

肝心なのは、そのストレスを溜めるストレスにしないように、
逃避するだけではなく、
自分の中で「別に大したことじゃないや」
と、割り切った考えをして、相手との距離感を敏感に捉えられると、
ストレスメーターもさほど上がらずにいけると思います。

まあ、感情が薄い方もいるので、
これまで書いたことは、感情が強く出てしまう方に言えることだと思います。

色々書きなぐってしまいましたが、
「割り切ること!」
を考えていけるようにしたいです。